トヨタ期間工生活

工場まで歩いたほうがストレス溜まらなくて最高だった

実は私は、後半の1年間はほとんどバスに乗っていませんでした。

聖心清風寮から元町工場まで、毎日歩きで行き来していて、それがすごく最高に感じていました。夏も冬も、雨だろうと、風だろうと、雪だろうと。

写真は朝の吉野家を出た朝5時の風景

きっかけは寮の朝が嫌になった

後半の1年間は常1直体制だったので(今は連2体制)、朝に出勤して、夕方に帰宅するんですよね。

私は結構心配性なところがあって、遅刻は絶対にしないように動いてたし、そういう意味では半分あきれられた感じで「すごいっすね」とは何度か言われてました。

私の後半のリズムは、前日の19時にはもう寝ていて、朝1時頃に起き、そこからブログを更新したり、勉強したり、深夜アニメを見たりして、4時間〜5時間は自分の時間で過ごし、朝4時30分に寮を出て、ジョイフルか吉野家で朝食をとり、5時ちょうどにそこを出て、5時25分に元町工場の門をくぐる、という生活。規則正しすぎる生活してた。

なんでこうしたのか、最初は4時30分にオープンする寮の食堂の朝メニューがもう最低すぎて嫌になったこと。朝食セットはどうしても口に合わなかった。何を食べても昼や夜のメニューに比べれば手抜きに思えたし、味付け最低だと思ってて、その割に高いのが許せなかった。

+50円して400円で、ジョイフルの美味しい朝ごはん定食や、吉牛の朝食セットが食べられるのを知った時、あ、歩こうと思ったんですよね。

あと、何度か記事にしたけど通勤バスが苦痛で仕方なかったんですよ。人のふとももに触れっぱなしでも気にしない人、咳しまくる人、モンストやパズドラで騒ぎまくる人、まぁ他人からのストレスが嫌だったし、寒いなか、雨の中、暑い中バスを待って、並んで乗って運ばれて、っていうのがどうしても合わなかった。

時間はとても有効に使えた

元町工場までって結構な距離があるように思われるけど、歩いてみるとそんなに苦痛でもなかった。40分程度歩くんですけど、途中ジョイフルか吉牛で朝食を食べるので、20分歩いて朝食、また10分歩いてコンビニ、週刊誌チェックして5分歩いて工場みたいな感じ。

その20分もスマホでゲームしながらだったんだけど、朝5時に毎日のミッションが更新されてたから、吉野家を出てから毎日無料ガチャやクエストを消化しつつ、工場についた時にはもう終わってる、みたいな感じでとても楽しかった。

工場は勤務1時間前まで入れないから、5時25分にそこにたどり着くようにコンビニで時間を潰し、昼ご飯を買って行ってた。

ともかく自分の流れが作りやすくて、1回歩いて行ったあとはもうバスに乗るという選択肢は浮かんでこなかったですね。

退勤後の歩き

じゃぁ工場終わって帰るぞ、という時でも歩き。疲れてるから大変そうに思われるけど実際そんなに苦痛じゃなくて、これもまた、コンビニで飲み物買ったりして帰れるし、期間工仲間と話しながら帰ったり、歯医者通いもできたし、金曜日は途中でご飯食べて、土日のご飯を買って帰ったりしてた。

40分って大変そうなんだけど、例えばバスをギリギリで逃して、次のバスに乗って帰ってくるのと同じ時間。それよりは早く寮に帰れるから、立ち続けるほうが多分きついと思ってましたね。

寮に戻ったらすぐさま風呂と食事と済ませて、6時か7時には寝て、朝1時くらいに起きて、という繰り返し。

バスに乗るのは、もうどうしても体調がすぐれない時とか、3分以内にバスが出るときくらいでした。風雨くらいだと歩いてましたが、それでも心理的にすごく楽だった。

よかった事、悪かった事

歩きで通勤している、という一見するとバカじゃないのかと思われるような事だけど、良かった事は無駄な時間を節約できた事。特に朝食食べてからバス停に行くまでの、テレビ見るしかないあの15分と、バスを待つ間の立って待つ時間。

あとすげぇジジイっぽい話でしかないけど、毎日毎日同じ時間に歩いていくから季節の変化がすごい分かるのが何か生きてる感じしてた。夏に向けて早く白んできてたり、冬に向けて夜が長かったり。

工場に1時間前に着くけど、従業員含めて1番乗りだから信頼度が増したのは肌で分かる感じだった。ロッカーまで歩きで行って、ほぼ誰もいないからのんびり準備できたし、コンビニで買った雑誌読んだり、スマホいじったりしてるとすぐに時間がくるような感じだったし。

悪かったのは正直あんまりなくて、靴が1足だめになったくらい。歩き疲れるか、と思われがちだけど実際工場の中のほうがそれ以上に歩く日もあるし、目の前で車が事故った時にちょっとタイミング悪かったら巻き込まれてたのと、雪の日に歩道橋が凍ってて滑ったくらい。あと目の前でオオスズメバチが喧嘩してた時にちょっと死んだかもって思ったくらいでしょうか。

たまにバスに乗って帰る時なんかは、やっぱりストレス大きかったですね。荷物で占領してる人とか、やっぱり太もも温めてくれる人とか、大声で話す人だったり、大渋滞に巻き込まれて進まなかったりとかね。

何より歩いて帰るのがデフォになると、バスに間に合わないかもなんて焦ったりしなくて良かった。

一緒によく歩いて帰る人がいたけど、その人も自分の時間を確保したい派だったし、実際歩くと時間以上に早く到着してる感覚だって言ってたから、バスがどうしても嫌いな人には一度歩いてみるのをおすすめしたい。朝からジョイフルのドリンクバーや吉野家の朝定食で得る満足感をぜひ味わっていただきたい。

意外と綺麗な景色が見られますよ。意外と。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください