トヨタ期間工生活

面接時のカード配りの目安になるべき時間の根拠が判明!!

ご無沙汰しすぎていてすみません。人生今までにないくら勉強している今日この頃、おかげさまで赤点ラインは超えてきました!合格ラインは、みえない。試験まであと、、、10日ちょっと。

期間工の面接のカード配りの目安は?

デンソーの面接とかはトランプ配りありますよね。52枚のカードを4箇所にできるだけ早く、できるだけ正確に順番に配っていく例のあれです。

最近勉強している知識の中に、QCサークルに関する内容が含まれていて、色々と見ていく中で、ありましたよ。カード配り!

30秒で配ってください


結論を言えば52枚を30秒で配るのが目安になります。

インダストリアルエンジニアリング、IEという分野があります。経営工学のことです。この中で、時間に関して研究をしようね、という分野がありまして、標準作業の時間の決め方とか、作業空間の作り方とか、それはもう小難しいことがあれやこれやと書かれているわけです。

その中の「標準時間」という分野!

習熟した作業者が余裕をもって作業できる時間の目安として、「正常な作業ペース」というのが決められています。

歩行速度・・・荷物を持たないで平坦な道をまっすぐに5km/時弱で歩く程度

手の速さ・・・52枚のトランプを、約30cm四方の四隅に1枚ずつ30秒で配り終える速さ

これがきちんと定められてたなんてちょっと驚き。しかもこれ、世界的な作業速度の基準になってるらしい。

1回目からスピードアップできるかが見られているのかと思ってましたけど、ちゃんと基準があるんですね。

面接時点でどこまでの速度が求められるのか、最長時間はわかりませんが、30秒が一つの目安なのは間違いなさそうです。早い人は24秒とかで配れるらしい。

ちなみに、速く配るコツは、両手を近づけたまま配ること。僕が指摘されたのは、カードを持つ手を固定するんじゃなくて、両手を置く場所に移動させながら置いていくこと、でした。カードを取る→置くの移動距離を最短にするために、置く位置まで両手が移動する、というのがいいらしい。(片手だけで置きにいかない、両手とも動かすということ)

勉強していてまさかの副産物だったので、久しぶりに記事にしてみました。デンソーを面接予定の人がいたら教えてあげてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください