トヨタ期間工の給料

2017年12月度のトヨタ期間工の給料と退職も含めたまとめ

遅すぎワロスです。はい。

トヨタは現在、春闘ももうすぐ終了でしょうか。多分現場ではガンバローコールがあっている頃でしょう。誰に向けたパフォーマンスかも分からない謎の団体行動。ガンバロー!の掛け声に被せて、心の中で「お前もなー!」と叫んでたのは僕だけではないはず。

トヨタの春闘はほとんど国家レベルの問題になってるところもあって、上がるというか上げざるをえない状況なんだろうなと思います。期間従業員は1日また150円アップですかね。今じゃ条件面他社のほうがいいっていう話も聞きますが、やはりプライベートな時間も大切にしたいなら残業少ないトヨタでしょうか。

それでは今更ですが2018年一発目の給料です。

2017年12月度の給料・手取り

〜前提〜
労働日数 20日
シニア期間従業員 10800円/日
常1直勤務なので深夜手当なし

≪収入の部≫
日給10800円×20日=216,000円
残業:17時間=32,000円
時間帯手当:28時間=10,000円
深夜勤務手当:0時間=0円
【総収入額:258,000円】

≪支出の部≫
雇用保険料=800円
健康基本保険料=4,400円
健康特別保険料=4,600円
年金保険料=27,000円
所得税=5,000円
住民税=12,000円
労働組合費=1,200円
【総支出額:55,000円】

【手取り額:203,000円】

今更だなぁ。

すみません、引っ越しの間に明細がどこかに行ってしまってまして。



元町工場2直化へ

常一直化されていた元町工場ですが、どうやら連続2交代に戻るようですね。新型クラウンのおかげというか、まぁ現場からの圧力が高かったんでしょうかね。

どこまでこの車種が生産されるかは分かりませんが、だいぶ時代に先行した格好になってますね。はてさて。

ていうか、シニア期間従業員の時代のほとんどを1直化で過ごし、やめたあとで2直化に戻るって、ちょっとついてない感が半端じゃないですね。

とはいえ、リズミカルな生活ができたのはツキまくりエンジョイライフでしたから、なるべくしてなる的なところもありましたね。

常一直と連続二交代制の差額はおおよそ3万円程度。これから入る方は稼げるかもしれませんね。

退職までのまとめ

最後の1ヶ月長かったですね。とりあえず寮に退寮届けを提出するんですけど、退寮するのに組長のハンコが必要なのってちょっと面倒でしたね。

荷物整理をしつつ、最後の挨拶を考える事が多い最後の1ヶ月でした。

退寮までは退職から原則1週間。フォークリフトとか溶接を取るなら1ヶ月から寮にいられるんですけど、私はソッコーで帰りました。

帰って調子乗ってなんちゃらコインをやってみて損しましたけどw

退職するまでの1ヶ月は後継者の育成が必要になるから、自分がもし特殊な工程に居る場合は窓際工程に移されるっぽいですねぇ。くっそ暇でしたわ。

とはいえ、後半はブログどうしようという事しか考えていませんでしたが。あんなカッコいい終わり方を先にされてますからねぇ。あの写真はずるいよってずっと思ってるわけですが、案の定超えられませんでしたねぇ。

話がずれましたが、2年もいたわけで、それなりに思い入れがあったみたいで、最後の挨拶はちょっと泣きそうになってました。てかちょっと泣いたw

帰任旅費は一応もらえるんだけど、引っ越し業者に頼むとお金が途方もなくかかるので、レンタカー借りて帰省しました。

だいたい10日くらいですかね、辞めたんだなっていう感覚に慣れたのは。それまでは年休というか、実感がない感じでした。

あとは満了金と最後の給料の報告をすれば、このブログも必要な事はとりあえず終了になりますね。ちょこちょこまとめにかかろうかなと思います。

トヨタ期間工の新しいブログも出てくる事と思いますし、老兵はたださるのみですかね。このブログも月数回程度の更新頻度ですから、カテゴリにトヨタキーワード入れて更新し続ければ軽く上位表示も狙えるだろうと思います。トヨタ期間工だけのキーワードだと毎月数千円程度しか入りませんから、それなりに工夫は必要だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください